HOME > 海外のFX業者 > Pepperstone

DMM FX

Pepperstone

海外FX業者の中ではかなり狭いスプレッドとなるのがPepperstone

Pepperstone

Pepperstone

Pepperstoneではインターバンク市場と直結したECN方式により、お客様はインターバンク市場にダイレクトに注文が可能となっています。入金に関しても三井住友銀行対応となっている点も魅力的なポイントとなっています。2010年に誕生した会社となっているので、サービスの認知度としては、他の会社やサービスと比較をすると劣る部分があるかもしれませんが、サポート体制としては24時間メール問い合わせに対応をしていますし、当然日本語での問い合わせにも対応をしています。スプレッドに関しても海外のFX業者の中では狭い水準となっているのもポイントです。

Pepperstoneのサービス情報

売買単位

初回入金額

米ドル/日本円

口座通貨

日本語サポート

取引通貨ペア数

最大レバレッジ

1,000通貨

1.0銭~1.7銭

USD/EUR/GBP/AUD/NZD/CHF/JPY

電話&メールでの対応

23通貨ペア

400倍

公式サイトへ

Pepperstoneの紹介文

 

Pepperstoneではインターバンク市場と直結したECN方式により、お客様はインターバンク市場にダイレクトに注文が可能となっています。入金に関しても三井住友銀行対応となっている点も魅力的なポイントとなっています。2010年に誕生した会社となっているので、サービスの認知度としては、他の会社やサービスと比較をすると劣る部分があるかもしれませんが、サポート体制としては24時間メール問い合わせに対応をしていますし、当然日本語での問い合わせにも対応をしています。スプレッドに関しても海外のFX業者の中では狭い水準となっているのもポイントです。

具体的にスプレッドで言うとスタンダードアカウントの場合には、米ドル/日本円で1.0~1.7pips、ユーロ/米ドルで0.5pips~1.8pipsとなっています。スプレッド競争が行われてた日本国内のFX業者と比較をしてしまうと、案外そうでもないと思うかもしれませんが、海外のFX業者の場合、米ドル/日本円の場合には3pips前後が標準的な水準となっているので、Pepperstoneが低スプレッドで頑張っているのが理解出来ると思います。

またPepperstoneはFXplus社の調査によると、6ヶ月連続で日本人の口座開設数No.1、満足度No.1となっている様です。当サイト内でも口座開設数としては多い方になっているので、人気の高い海外のFX業者であるのは間違いないと思います。やはり人気の一因となっているのが、低スプレッドでの提供に加えて、スピーディーな入出金を行っている点になると思います。特に出金に関しては三井住友銀行対応と言う点は、多くの日本人にとって、馴染みのある銀行である点や、多くの人がすでに口座開設済みの銀行となっているので、安心して口座開設を行い、取引をしやすいのだと思います。

海外のFX業者の口座開設を行うのは初めてと言う人でも安心して口座開設を行う事が出来るサポート体制も用意をされているので、まずはサポートに問い合わせをしてみるのも良いと思います。

 
Pepperstone
公式サイトへ

海外FXの業者ランキング

 
Trading point
Trading point

XEMarketsでは『マイクロアカウント』『スタンダードアカウント』『エグゼクティブアカウント』の3種類の口座が用意をされているので、自分の取引スタイルに合わせた口座で取引を行う事が出来る様になっています。それぞれの口座によって最大レバレッジや取引通貨単位に違いがありますので、注意をする必要があります。それぞれの口座に共通しているのが約定拒否が発生しない点があり、高品質のトレード環境が提供をされています。また初回入金ボーナスにも対応をしているので、お得に始める事が出来るのも特長となっています。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
Pepperstone
Pepperstone

Pepperstoneではインターバンク市場と直結したECN方式により、お客様はインターバンク市場にダイレクトに注文が可能となっています。入金に関しても三井住友銀行対応となっている点も魅力的なポイントとなっています。2010年に誕生した会社となっているので、サービスの認知度としては、他の会社やサービスと比較をすると劣る部分があるかもしれませんが、サポート体制としては24時間メール問い合わせに対応をしていますし、当然日本語での問い合わせにも対応をしています。スプレッドに関しても海外のFX業者の中では狭い水準となっているのもポイントです。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
YouTradeFX
YouTradeFX

YouTradeFXで採用されている取引取引プラットフォームはMT4となります。独自のインディケーターが完備されており、EAと呼ばれる自動売買のプログラムを導入する事が出来るのが特長で、国内FX業者でMT4を導入する会社が増えてきていますが海外のFX業者の中ではスタンダード的なシステムとなっていて、定番プラットフォームとなっています。日本人対応に関しては、日本人スタッフが常駐しているので、メールでも電話でも日本人が対応をしてくれているので、英語が苦手と言う人でも安心して問い合わせをする事が出来る様になっているのも嬉しいポイントとなっています。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
IFC Markets
IFC Markets

IFC Marketsでは約100円からの入金で口座開設が可能となっています。加えて預け入れている証拠金には年2%の金利が付きます。FX以外にもCFDの取引も可能となっているので、FX以外の金融商品の投資にチャレンジをしたい人にもオススメとなっています。キャンペーンに付いても豊富に行われているので、お得に始める事が可能となっています。レバレッジについては400倍まで可能となっているので、日本国内のFX業者で取引をしていた際に、最大レバレッジで取引をしていた人でも、満足の行く水準になっていると思います。取引プラットフォーム「NetTradeX」となっていますが、MaketTraderを使用していた人でも、違和感なく操作が出来るぷらっとフォームになっていると思います。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
FXDD
FXDD

FXDDでは以前から日本人ユーザーへのサービス面での強化を図ってきていましたが、ようやく体制が整い初めまして。日本人スタッフが常駐しているので、メールでもチャットでもFAXでも日本語対応が可能となり、円口座に関しても取扱いを開始しました。また出金に関してもクレジットカードを通して支払いが可能となりましたので、面倒な手続きが大幅に減少をしました。取引システムは定番のMT4採用となっているので、他社と比較をして劣る事はありません。安心のサポート感を中心に口座開設を行っている人も増えてきている会社となっています。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
ThinkForex
ThinkForex

ThinkForexではノンディーリングデスクでの取引が可能となっています。ノンディーリングデスクはブローカーを介さずに取引が行える点から公正な取引と呼ばれる事も多くなっています。国内のFX業者の中でもノンディーリングデスクで取引が行える会社がありますが、決して数は多くありませんし、海外のFX業者でも同様にそう多くはありません。日本人スタッフが常駐してくれていてサポートをしてくれるので、電話、メール、チャットで気軽にお問い合わせをする事が出来るのも安心出来るポイントとなっています。口座通貨に関しても日本円の対応もしてくれているので、海外のFX業者で取引をしている感じは薄いと思います。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
FxPro
FxPro

FxProは全世界で150ヶ国、20カ国の言語でサービスを提供しています。業界で最も厳しい管理体制を誇るブローカーとなっていて、会社の資産状態の情報開示(ディスクロージャー)も積極的に行ってくれている会社となっています。こうしたユーザーに対して安心感を与える為の行動が功を奏し、サービス開始より7年余りで、業界トップクラスの大手ブローカーへと成長をしました。用意されている取引口座ではディーリングデスクを介さないNDD方式が採用をされているので、ユーザーの取引にFxProが介入をする事はありません。こうしたフェアな環境がまた好感を持つ事が出来るポイントになっていると言えると思います。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
 
XM/XEMarkets
XM/XEMarkets

XM(XEMarkets)は、もともと約定力に定評のあったTrading Point(トレーディングポイント)が、さらなる高水準のトレード環境を実現するために2012年にリニューアルして新たに誕生したFXブローカーです。「スピード」と「公正さ」を重視しており、スタッフの質もサービスの質も、全てにおいてプロ意識が重視されています。実際に、顧客満足度No.1を誇っており、次世代トレード環境も最高水準が保障されている点が特徴です。入出金の手続きの選択肢が多いことも特徴で、クレジットカードの取引であれば時差もほとんど気にせず即時入金が行えます。出金も他の業者に比べとてもスムーズです。口座開設に必要な初回入金額はたったの5ドルです。簡単に開設できますので、この機会にぜひいかがでしょうか。

もっと詳しく見る公式サイトへ
 
ページトップへ
 

ランキング

FX コンテンツ

FXのリスク

FX 1000通貨

バイナリーオプション

海外のFX業者

FXの分析手法

FXに影響を与える指標

FXの注文種類

FXの通貨

FX取扱会社